スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタ相談会1回目

「ネタ相談会」とは…
某マンガ学校の同級生同士で、自分たちの持ちネタについてチャットソフト等を使って話し合うというもの。


ネタ相談会1回目 4月16日(土)22:00~

来てくれたみんなありがとうございました!
まぁ集まって4~5人だろと思って完全にナメてましたが最終的には参加者は11名でした(!!)
思わぬ大人数だったことと、ひさびさのスカイプで準備不足だったことで完全にテンパってしまって、不手際が多くてホントすみませんでしたm(_ _;)m
今回話し合ってだいたいこんな感じでやれるかな?と思うこと、それから今日やったことをメモしときます。

<人数と日程>
次回からの参加希望があった分も合わせると、最大で14人。
でもたぶん全員がそろうことは無いかも。
全員の都合をあわせるのは不可能そうだし、次のネタ提供者の都合が最優先かと。だから曜日もバラバラになりそう。

<頻度>
多くて月2、もしくは月1。
(実際は次にネタ出せそうな人がいたらって感じ?)

<次回の告知>
ツイッターとスカイプのムードメッセージで。
※このページではIDは公開していません。

<時間>
1時間半~2時間くらいで1人のネタについて話せそう。
やはり夜の方が都合がつく人が多そう。

<相談形式>
通話もしくはチャット。ネタ提供者の希望次第で。
チャットの方が、回線やマイクの問題なく後からでも見返しやすいかも。
ただ通話の方がやっぱ発言しやすいかなぁ。
絵チャットを使うという案も。

<グループ分け・その他>
ネタ提供者が大人数で一度に話すより、4~5人で話したいと思ったらグループ分けも有効かも。
ブレイン・ストーミング、ライティング、アンケートなどはネタ提供者の希望しだいでやったりやらなかったり?

<ルール>
なるべくネタ提供者のプラスになると思う意見を出そう。


ルールはとりあえずこれだけでもいいんじゃないかな。
(たくさんの人が発言するので、本人が意図してなくても不快な発言などもあるかもしれないけど、なるべくね…。逆に第三者の思いっきり辛辣な意見がほしいなら、匿名掲示板とかに晒して意見もらう方法もあるわけだから…。今回はそれをせず、知ってる人同士で、マンガ描き同士で話すメリットを活かしたい)

<気をつけたいこと>
・人のアドバイスには、発言者の好みや価値観が大きく関わっていること。
・人にアドバイスされた通りにすればいいというのではない。自分の作品だから、決めるのはあくまで自分。
・アドバイスを参考にしたかどうかなどの報告はいらない(したかったらしてもOK)

<人のネタについて>
昨日は言い忘れたんだけど、相談会で提供された画像ファイルなど人のネタについては、捨てるなり永久保存するなり管理を徹底してください。間違っても本人が見てほしくない人に見せたりということが絶対におこらないようにお願いします。

続きを読む

スポンサーサイト

ぼくのつけた、勇気の名前

【ぼくのつけた、勇気の名前】24P


あらすじ:
弱虫な小学生の主人公はるきは、ある日あやしげな魔女に出会う。魔女が少年にたくしたものとは…
ほんわかした、子供向けまたは女性向けマンガ。

続きを読む

卒業展示

今年でとうとう私の長い長い学生生活も卒業ということで…
昨日・今日と卒業展示の搬入(美術館などに展示品をもちこむこと)でおおわらわでした!

一応(!?)美術系の学校なので、卒業式の前に卒業展示があり、卒業制作を一般の方々にも見てもらうんです。普通の大学で卒業論文を発表するみたいな…そんな心持ちですね。
こんな私でも何故かいろいろ仕事をまかされて、これまでにないくらい毎日学校にかよって、遅くまで残って準備をしてきました。
そしてとうとう今日で搬入が終わり、明日から展示開始です!
いやぁ… みんなと苦労して作り上げた展示をながめて、感慨にひたりました…… といいたいけれど、実際は頭がボーとして何も考えられませんでしたw
今日まで、あまりにも怒濤の毎日だったので…

ちゃんとした美術館というか、ミュージアムというか、そういう施設で展示の準備をするなんて人生で初です。
自分も含め、展示に関しては全くの素人ばかりでいろいろ苦労することも多かった… でもなんとか、こうしてみんなと何かを作り上げることができた。こんな日はきっと人生で最初で最後…

そう思うと無性に寂しいような、大切な時間が滑るように過ぎていってしまうような…そんな切ない気持ちになりました。
明日からはいよいよ展示本番。カメラをもって自分たちのなしとげた仕事をフィルムにおさめようと思います。

学校で描いた短編6作品

4~8P(=ページ)の短編だけまとめたページを作りました。



この作品は友人に頼まれて、友人が発行しているフリーペーパーにのせるために描いたものです。
【くじらの見たユメ】4P


これ以降の短編は、学校で課題として描いたものです。
【ふわふわくも】4P


【2人10脚】8P


【Plug Me】8P


【やきもちラッシー】8P


【若姫と四宗】8P


以下、それぞれの作品の詳細と、短編を描く練習について

続きを読む

マンガ投稿について

マンガ投稿について
1月4日に『真夜中のドライバー』を投稿して、1月9~10日あたりに3つもご感想をいただいていたことに今更気づきました。
「マンガ読もっ!」のようなマンガ投稿サイトを利用するのも初めてだったので、まさかこんなにすぐ読者さんからの感想をいただけるとは思わなくて本当にビックリしました。3つとも丁寧なご感想で、それぞれ違う点からのご指摘・ご意見があって、本当に嬉しかったです。

自分の性格的にあまり商業誌でやっていけそうな気がしていないので、たくさんの人に読んでもらうということを今まであまり考えてきませんでした。でも、ネットで公開してこんな風に全く知らない人が読んでくれて、感想を聞かせてもらえるなんて、本当にいい時代になったんですね…。「ああ、こんなに分かってくれる人がいるんだ…!こんな作品でも、丁寧に読んでくれて、好きになってくれる人がいるのか」って感動がありました。

これから過去の作品(おもにマンガ学校で課題として描いた作品ですが…)も投稿していきたいと思います。『真夜中のドライバー』よりも過去に描いた作品ばかりなので、絵やストーリーは当然劣るんですが、それでも愛着のある作品たちなので…。投稿するのに別にお金もかからないし。
(サイズを直したりセリフを打ち直したりで、ちょっと時間はかかりますが。)


簡単な自己紹介
HNはノノミチ。20代後半です…。
マンガは小学生のころから描いてきました…とはいっても、らくがきちょうに線を引いてぐちゃぐちゃに描きなぐるレベルで、今見ると当時好きだった作家さんをまるまる真似ているだけだったりして…。
中学や高校ではかろうじてオリジナルと呼べるようなモノを、ノートに鉛筆で書く程度で、いまの某マンガ学校に入るまではろくに原稿に描いたこともなく、ペンにも慣れていませんでした(今でもチョット…)。
8ページや24ページなどの短編も、それまで一度も描いたことがありませんでした。

描くマンガについては、自分でもジャンルがよく分かりません。ファンタジーであったり、少女っぽかったり、大人向けであったり、子供向けであったり…。描きたいテーマみたいなものもコレといってありません。でも描きたいと思う作品が常に2、3こある、そんな状態が続く感じです。描かないジャンルの方がハッキリしています。ずばりSFとサスペンスです。

読むマンガについては、これもジャンルはあまり関係ありません。少女マンガなら坂田靖子さんや尾崎かおりさん、少年マンガなら西森博之さん、青年マンガなら曽田正人さんとか…BLなら大和名瀬さんが大好きです。
でもぶっちゃけ私はマンガをあまり読まない方だと思います。同級生の方がよっぽどマンガ好きが多いです。
またマンガ学校のことについても記事を作りたいと思っています。



…結局この記事で何が言いたかったかというと、ご感想ありがとうございますっていうことと、これからもできるだけ積極的に投稿していきます。ってことですm(_ _)m
プロフィール

ノノミチ

Author:ノノミチ
とあるマンガ学校卒。更新遅めです。


リンクのページを作らなきゃなぁと思ってます。
アップ予定:
24Pを1作品と、シリーズものにする予定の第1話をデータ化中…

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
メールフォーム
メールフォームはこちら
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。